"食の世界遺産”「味の箱船」に、阿波晩茶が登録!!!

公開日 2020年09月15日

国際組織スローフード協会(本部・イタリア)が認定する“食の世界遺産”といわれる「味の箱船」リストに、400年以上の歴史を持ち、上勝町等で生産される希少価値の高い「阿波晩茶」が登録されました。県内では初の認定です。

味の箱船・・・

各地方の伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類などのなかには、このままでは消えてしまうかもしれない、小さな生産者による希少な食材がたくさんあります。こうした食材を世界共通のガイドラインで選定し、様々な支援策によって、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守ろうというプロジェクトが「味の箱船」です。1996年のプロジェクト開始から、現在5000 以上の世界中の動物、果物、野菜の品種と加工食品などが登録され、”食の世界遺産”とも呼ばれ る国際カタログです。今回日本では9品目の登録で、日本国内で味の箱船に登録されている品目は合計51品 となりました。

https://slowfood-nippon.jp/awa-bancha/

ING_Attestato-Arca-del-Gusto-Awa-Bancha-Tokushima[PDF:232KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード