結婚するとき

公開日 2011年02月24日

戸籍は、個人の出生から死亡にいたるまでの身分関係を登録し、これを証明する大切なものです。子どもが生まれたとき、結婚するとき、離婚するとき、本籍をかえるとき、養子縁組をするとき、養子と離縁するとき、氏や名を変えるとき、家族が死亡したときなどは、必ず届出をしてください。
※上勝町では、虚偽の届出を防ぐため、届出人の本人確認を実施しています。

婚姻届(結婚されるとき)
届出を行う人 夫と妻
届出窓口 夫または妻の本籍地、住所地、所在地
必要なもの 婚姻届書、夫と妻の戸籍謄本1通ずつ(本籍地に提出する場合は不要)・夫と妻それぞれの印鑑(旧姓のもの)
注意点 成年者2名の証人が必要です。未成年者の結婚には父母の同意が必要です。
男性は18歳・女性は16歳以上であること。女性は前婚解消後6ヵ月を経過していること。
その他 届出が行われた日から法律の効力が発生します。
婚姻により上勝町に転入される方は、前住所地の転出証明書が必要です。また町内での転居も婚姻届とは別に手続きが必要です。

お問い合わせ

本庁 住民課
TEL:0885-46-0111